2006年02月

2006年02月23日

カメカメって・・・

昨日の夜、事件は起こった。
帰宅した主人が2階へ上がったまま降りてこない。
しばらくして降りてきた主人に「どうしたん?」と聞けば
「・・・カメムシふんだ・・・・」
「えっ?なに?」
「カメムシふんだ」
「へぇ~、そう・・・えぇーっっ!!かめむしぃーっ!!困った汗踏んだってどこでよぉーっ!!!」
主人の手にはカメムシ臭満載の靴下がつままれ、「これ、どうしょう?」
・・・ど・・どうしようって・・・ドクロ
とりあえず、他の洗濯物とは一緒にできないし、そういえば以前にチップ母が、カメムシのニオイはすぐに洗濯してもとれないから、そのまま数日間風にあててから洗濯したほうがいいって言ってたことを思い出した。
「数日ってどれくらいなんだろう・・・落ち込み

つい先日NHKのBSで「お母さんと一緒?」的な子供向けの番組を見た。
Hanaりんがこの手の番組が好き?でぼんやり見てたら、芋虫が主人公のヘンテコなお話がやっていた。
アニメではなくて、クレーアニメ?(粘土細工)だったので「手がこんでるなぁ」と思ってたら、そこにカメムシが登場した。
口笛の上手な芋虫くんは、ある日お金儲けの目的で人間にさらわれ、TVに出て人気者になる。口笛を吹く芋虫は一斉を風靡するも、すぐに飽きられお払い箱に・・・。そこへ芋虫ちゃんとカメムシどんが迎えにくるというお話。
芋虫が口笛を吹くという発想もすごいけど、なんでカメムシなんだろう・・・。
ちなみにこの「カメムシどん」。
なにかといえば「カァメカァメ・・・」とのんびり声。
まるでカナブンとか、カブトムシ的な扱いに「こんなキャラだと思ってカメムシを触ったらヒドイ目にあうのになぁ・・・いいのかなぁ・・・」と呟く私でしたカエル

at 18:36|Permalink その他 

2006年02月22日

Good smile Hana !

f1f317bd.jpg

Good smile バラ


これまで何枚となく取り続けた写真の中でも
間違いなくこの写真はNo.1冠
女の子らしく「やさしい笑顔」


at 15:20|Permalink 犬ばなし 

2006年02月21日

上り調子・その果てに

夕方のお散歩でエランにダル、ひなちゃんに会えて
ご機嫌のHanaりん。
ce79da85.jpg

エラン:「・・・ぼくだけ遊べない・・・くすん悲しい
Hana:「エラン、ちょっと待ってて、あたちが開けてあげるね音符
いっしょ、いっしょ、いっしょ・・・・
ダル:「でたっ!Hanaちゃんの得意技!!」

071c7afd.jpg

ひなちゃん:「そんなことよりあたしと遊ぼ音符」ずいずいっ!
Hana:「ひっ・・・ひなちゃん近っ汗


3e64c856.jpg

エラン:「・・・Hanaちゃんまだ?・・・開けて・・・悲しい

この後、エラン家の門は開くことはなく、
格子の向こうで楽しげにバトルする3匹を見つめるばかりのエランなのでしたカエル


そして、テンションも上り調子のHanaりんは
帰宅後もリビングで大暴れ、その挙句・・・
8a8cd3b9.jpg

被害者:うしさん・・・危篤ですドクロ
な・・・なんちゅうムゴイことを・・・

ひとしきり遊んだ後、大満足のHanaりん↓
d450e69d.jpg

Hana:「あ~、たのちかったハート


at 19:06|Permalink 犬ばなし 

つながってるね

朝のお散歩で、また見知らぬおばさんにナデナデしてもらったHanaりん。
ただ目があったというだけなのに、「あの人があたちをナデナデしてくれるって言ってるもんっ!」とばかりにその場で踏ん張り、おばさんの足にスリ~ハート
不思議なことに、こうやって「ナデテ~ラブ」とすり寄られると、大抵の人は笑顔でなでてくれる。
中には「ほんとは犬が苦手なんだけど・・・」とか「大きい犬は苦手で・・・」とか言う人も、「このコは大丈夫だわ」と次に会うときには自らHanaりんに近づいてくる人もいる。
こういうとき、私はうれしい笑い
Hanaをきっかけに、犬のことをもっと知ってもらえたらいいなと思う。
ゆっくりでいいから、少しづつでいいから、好きになってもらえたら素敵だな。

なでてもらっているHanaの、うれしそうなうっとりとした顔。
なでているおばさんの、やさしい眼差し。
そこにある温もりは、おばさんの手からHanaの柔らかな毛に伝わり、それをなでる私に返ってくる。
私はその温もりを、Hanaへ・・・・。
愛情は廻り廻ってつながっているんだね。

なにか言いたげなお顔・・・
da845e70.jpg

Hana:「あのね、おかーたん・・・

   ごはんまだ?」


at 12:33|Permalink 犬ばなし 

2006年02月20日

マニア?orフェチ?

昨日、妹さんとそのお友達とで盛り上がった「犬ばなし」は、犬のどこが好き?ってことだった。
かなりマニアックでフェチな話カエル

まずは「におい」。
ポップコーンのような、お日様を浴びた藁のような・・・そんな「なつかしい」におい。
「落ち着くよね~っラブ」「うんうん!」「そうそう!」とHanaりんの肉球をみんなでクンクン。
「朝、ハウスから出てきた時なんか、全身香ばしさ抜群よドキドキ大」と私が言えば、以前犬を飼っていた経験のあるお友達が「あっ!!それ、すごいわかるぅ~っ!!思わず抱きしめて嗅いでしまうよね~音符」。
「目から鼻にかけてのにおいも好きハート」と誰かが言えば、「わかる~っ!」「そうやんね~っ!!」と代わる代わるHanaりんのお顔をクンクン。
「この、酸いくちゃい においが最高ハート」と盛り上がる盛り上がる笑い汗

そして、このお口。
87fadf84.jpg


「犬の口ってなんでこんなかわいいんやろーっドキドキ大
「この ぽよん としたかんじがたまらんっ汗!!」
「なんか、ほたほたのお餅っぽいよね~ラブ
「ちょっとバカボンっぽくない?」
みんなでHanaりんのお口をつんつん笑い

最初から最後まで、ナデナデつんつんされても、うっとりとしたお顔で大人しいHanaりん。
ほんとに人に触られることが好きらしい。
えっ!?この盛り上がりが理解できない???
う~ん・・・・。
でもね・・・犬と暮らせばきっとわかりますよウインク


at 12:02|Permalink 犬ばなし