2006年11月

2006年11月24日

ゆるゆるな寝顔

650f945b.jpg

安心しきったようにリラックスして、ぽってり寝ている姿を見ていると
Hanaを「お家犬」にしてよかったぁ~ドキドキ小って実感する。

たとえ掃除が大変でも、
この寝顔を見られるなら、
私は喜んでHana毛まみれで暮らしていくよ。

かわいいHana。
何時間でも時間の許す限り見ていたくなるよ。

a547ddf5.jpg


それにしても・・・・
丸いなHanaりんカエル


at 12:15|Permalink 犬ばなし 

2006年11月23日

にほひ☆ふぇち

私のルームシューズに顔を埋めるお嬢は「にほひ☆ふぇち」。
どんなものでも自分の鼻をぐぐっっと押し付けて
ねっとり、じっくり、ふがふがふんふんブタブヒッ

754666a0.jpg


むふんむふんドキドキ大
おかーたんの「にドキドキ小ドキドキ小ひ」


そんなに・・・くちゃいのかカエルはてな


at 12:14|Permalink 犬ばなし 

2006年11月22日

「耳鏡」が届いた

9999198c.jpg

数日前にネットで注文していた「耳鏡」が届いた。
「耳鏡」ってなんぞや?って笑顔
「耳鏡」とは耳の中を見る医療器具。
ライトを灯して覗き込めば、耳の奥のほうの状態まで確認できるスゴイやつなのだ拍手
これでHanaりんの耳の中をマメにチェックできるわねまる
・・・でも、なんだか見るのがコワイ気が・・・落ち込み
えらいことになってたらどうしよう・・・悲しい

そんな気持ちはひとまず置いといて
どれどれ、どうやって使うのだ笑顔はてな
・・・ちゅうか・・・コレ・・・
説明書が全部「english」じゃんカエル汗
しかも裏面はドイツ語落ち込み
う~ん。説明書はなかったことにしよう・・・わかるよ・・・たぶん。

実際にいじってみたら、ほんとに説明書なんかいらないことが判明。
だって付属の部品をセットして側面のポチを押したら明かりが灯るので、そのまま覗けばいいんだもの。
この説明書・・・こんなに何書いてるんだろカエルはてな
かえって気になるな。

さて、夜月
主人が帰ってきたところで、早速Hanaりんのお耳ちぇ~っく電球
覗き込んだ主人によると
耳カビらしきモノは見当たらないまる・・・ものの
「にゅる」っとした汚れがあってキレイとはいえないらしい困ったガーン。

                         
さぁ、これからどうすべきか・・・・頭痛いドクロ

at 13:00|Permalink メディカル 

2006年11月21日

だから、ねっ?

視線の先にはりんごりんごを食べているおとーたん。

激見っ宇宙人

0971c4ce.jpg


あぁ・・・りんごしゃん・・・りんごしゃん・・・ハート
おとーたん、Hana、かわいいよね?
だから、ねっ?ねっ?

29e5d843.jpg


おかーたん、
Hana,いいコよね?
だから、ねっ?ねっ?


at 12:57|Permalink 犬ばなし 

2006年11月20日

アレルギーの治療法に思う

Hanaのアレルギーと、それに関連しての外耳炎について
私が病院に頼らない理由は2つある。

ひとつはアレルギーというものに関して、まだまだ治療方法が確立されていないということ。
ひどい皮膚症状がある場合、最終的に副作用の強いステロイド剤に頼るしか道がない現状では、病院も、ど素人の私も、実は同じスタートラインに立っているのと同じと感じたから。

もうひとつは、アレルギーやアトピーの痒みが起きるときの引き金が、とても精神状態に左右されると感じたから。
これは私がHanaを見ていて思ったことなので、何の確証もないことだけど「ストレス」というものが大きく関わっていることは事実だと思う。

以前にHanaの足先の変色を見て「まぁ、それはストレスね。ストレスでそうなるのよ」と言った方がいた。
「このコはアレルギーで、痒さでこうなったんです」と答えた私に、その方は「いや、ストレスよ」と決め付けたように言って、少なからず私の心は傷ついた。
「ストレス」という言葉が、その時の私には
「あなたの愛情が足りない。」「あなたがストレスを与えてる」と言われてるように感じたからだった。
でも、今もう一度「ストレス」という言葉を考えたとき
あの時あの方が言った言葉は、ある意味正しかったと思う。

「ストレス」のない社会なんてない。
それは人間もワンコも同じ。
生きていく上で多かれ少なかれ誰にでも「ストレス」はある。
たとえばHanaも、遊んでほしいときに遊んでもらえなかったり
欲しいと思ってるおやつがもらえなかったり
少なからず「ストレス」はある。
思い通りにならないことが「ストレス」になって痒みの引き金を引いてしまうことはよくあることだ。
でもそれを全て避けることはできない。
そしてその「ストレス」は言ってみれば「ささいなもの」だ。

Hanaにとって、何よりも一番の大きな「ストレス」。
それは「病院に行くこと」。
病院へ向かう車の中での悲しい顔。ガタガタと震える体。
おそらくはHanaにとって最大の「ストレス」に違いない。

もちろん病院を否定しているつもりはない。
今、Hanaがお世話になっている病院も、とても信頼できる病院だ。
外耳炎だって、嫌がるHanaを無理やり連れて行って
詰めて通院すれば早く治るのかもしれない。
でも、根本にアレルギーがある以上、きっと「いたちごっこ」。

「ストレス」がアレルギーに大きく影響を与えるなら
私は私にできることをしたい。

私にできること・・・・それは「癒し」。
私の手に撫でられているときのHanaの表情を見ればわかる。
安心して、信頼して、そして委ねてくれている。
私の手の温もり・祈りが、Hanaに伝わって「ストレス」というものが癒されること、
それがひとつの治療法にならないだろうか。

サプリメントによる「体質改善」と「ストレスを癒す」こと。
これが今、私が思いつく治療法です。

27612744.jpg


at 11:58|Permalink メディカル