メディカル

2007年02月14日

いつか白い足に・・・

「キトケア」を使い始めたのは去年の6月も終わりの頃。
あれから約8ヶ月・・・。
その間、ハゲができたりブツブツができたりと何かと心乱されながらも
ようやくここまでたどり着きました。

16bf9169.jpg


かなりキレイになったでしょまる

もちろんまだ痒みが完全に治まったというわけはなく
油断をするとガジガジが止まらなくなって
気づいたときにはHanaりんの足もラグも「ヨダレまみれ」になっていることもあります。
キトケアを使い始めた当初に比べると、その効果も停滞気味に見えるけど・・・

72eb0105.jpg

だけど
何もせず、ただ途方に暮れていたあの頃に比べたら「希望」があります。
たとえ少しずつでも「前に向かっているんだ」って
「がんばろうね」って
1ac33902.jpg

いつかきっと
真っ白だった頃の、痒みのない白い足に戻してあげるからね。

at 20:46|Permalink

2007年01月30日

バッチフラワーレメディ

8afa8eca.jpg

バッチフラワーレメディーをご存知ですか?
バッチフラワーレメディ(興味のある方はココをクリック)は、心の平安を取り戻したり、否定的な感情に対処するための癒しのシステム・・・・
38種類の花それぞれが、私たちの心や身体を癒すエネルギーを持っていることを発見したエドワード・バッチ博士。
花のエネルギーを水に転写し(レメディ)それを体内に取り込むことで本来の自分を取り戻す手助けをしてくれる。
それがバッチフラワーレメディ。
まるでタマネギの皮を剥くように、その人が持つマイナスのエネルギーを取り去り、眠っているプラスのエネルギーに気づかせてくれる。

ここまで読んで「何それ?うさんくさっ!」と思った方・・・・正解。
だって私もそうでしたから笑顔

随分前に、私はその存在を知っていました。
だけど「花のエネルギー」とか「水に転写」とかわけわからんカエル汗
だからその時はスルーしちゃった汗
ところが、再び出会いが・・・・。

いつも覗きに行くワンコのブログにレメディが紹介されていたのです。
そのワンコはお留守番が長時間になったある日、自分の足の毛を毟り「つるっぱげ」にしてしまったのだそうです。
そこで「レスキュークリーム」を塗ってみたところきれい治ったというじゃないですか!!
そのワンコは傷ができると気になって舐めたり噛んだりしてしまい、かえって酷くしてしまうことが常なのに、クリームをクンクンしたワンコは癒されたようにうっとりして眠ってしまったらしいのです。
これは・・・
これはもう見逃せませんっ!!
早速購入してHanaりんに試してみなくては電球

実は最初にHanaりんに使ったのはお正月でした。
実家に帰る際にHanaりんに試したところ、効果はすぐにわかりました。
到着してひとしきり興奮した後、クールダウンの早いこと!
実家の母が「えらい大人しいけど、大人になったんやね」なんて言ってたけど
これはレメディの効果だと、毎日Hanaりんの側にいる私にはすぐにわかりました。
興奮してもすぐに自分を取り戻す・・・穏やかに。
2日目以降はレメディを使わなかったので、興奮止まらずだったことを見ても、やっぱりレメディの効果はあったと思います。

そして今、Hanaりんは「レスキュークリーム」を耳と肉球にぬりぬりしています。
塗り始めて一週間経ちますが、肉球の変化は素晴らしい!!
ガジガジして常にカサブタがあったのに、今は全くありません。
痒くてガジガジ以外にも、出来てしまったカサブタが気になってガジガジすることも多いHanaりんだから、ひとつガジガジの要因を取り除くことが出来たことは大きい。
それを証拠に、ここ2・3日、あきらかにガジガジの回数が減っています。(昨日は一度もガジらなかった!)
傷や打ち身、アトピー性皮膚炎、他にもマルチに使えるこのクリーム。
もちろん、もともと人間用なので肌の敏感な赤ちゃんや小さなお子さんにもお勧めですウインク


at 11:12|Permalink

2006年11月22日

「耳鏡」が届いた

9999198c.jpg

数日前にネットで注文していた「耳鏡」が届いた。
「耳鏡」ってなんぞや?って笑顔
「耳鏡」とは耳の中を見る医療器具。
ライトを灯して覗き込めば、耳の奥のほうの状態まで確認できるスゴイやつなのだ拍手
これでHanaりんの耳の中をマメにチェックできるわねまる
・・・でも、なんだか見るのがコワイ気が・・・落ち込み
えらいことになってたらどうしよう・・・悲しい

そんな気持ちはひとまず置いといて
どれどれ、どうやって使うのだ笑顔はてな
・・・ちゅうか・・・コレ・・・
説明書が全部「english」じゃんカエル汗
しかも裏面はドイツ語落ち込み
う~ん。説明書はなかったことにしよう・・・わかるよ・・・たぶん。

実際にいじってみたら、ほんとに説明書なんかいらないことが判明。
だって付属の部品をセットして側面のポチを押したら明かりが灯るので、そのまま覗けばいいんだもの。
この説明書・・・こんなに何書いてるんだろカエルはてな
かえって気になるな。

さて、夜月
主人が帰ってきたところで、早速Hanaりんのお耳ちぇ~っく電球
覗き込んだ主人によると
耳カビらしきモノは見当たらないまる・・・ものの
「にゅる」っとした汚れがあってキレイとはいえないらしい困ったガーン。

                         
さぁ、これからどうすべきか・・・・頭痛いドクロ

at 13:00|Permalink

2006年11月20日

アレルギーの治療法に思う

Hanaのアレルギーと、それに関連しての外耳炎について
私が病院に頼らない理由は2つある。

ひとつはアレルギーというものに関して、まだまだ治療方法が確立されていないということ。
ひどい皮膚症状がある場合、最終的に副作用の強いステロイド剤に頼るしか道がない現状では、病院も、ど素人の私も、実は同じスタートラインに立っているのと同じと感じたから。

もうひとつは、アレルギーやアトピーの痒みが起きるときの引き金が、とても精神状態に左右されると感じたから。
これは私がHanaを見ていて思ったことなので、何の確証もないことだけど「ストレス」というものが大きく関わっていることは事実だと思う。

以前にHanaの足先の変色を見て「まぁ、それはストレスね。ストレスでそうなるのよ」と言った方がいた。
「このコはアレルギーで、痒さでこうなったんです」と答えた私に、その方は「いや、ストレスよ」と決め付けたように言って、少なからず私の心は傷ついた。
「ストレス」という言葉が、その時の私には
「あなたの愛情が足りない。」「あなたがストレスを与えてる」と言われてるように感じたからだった。
でも、今もう一度「ストレス」という言葉を考えたとき
あの時あの方が言った言葉は、ある意味正しかったと思う。

「ストレス」のない社会なんてない。
それは人間もワンコも同じ。
生きていく上で多かれ少なかれ誰にでも「ストレス」はある。
たとえばHanaも、遊んでほしいときに遊んでもらえなかったり
欲しいと思ってるおやつがもらえなかったり
少なからず「ストレス」はある。
思い通りにならないことが「ストレス」になって痒みの引き金を引いてしまうことはよくあることだ。
でもそれを全て避けることはできない。
そしてその「ストレス」は言ってみれば「ささいなもの」だ。

Hanaにとって、何よりも一番の大きな「ストレス」。
それは「病院に行くこと」。
病院へ向かう車の中での悲しい顔。ガタガタと震える体。
おそらくはHanaにとって最大の「ストレス」に違いない。

もちろん病院を否定しているつもりはない。
今、Hanaがお世話になっている病院も、とても信頼できる病院だ。
外耳炎だって、嫌がるHanaを無理やり連れて行って
詰めて通院すれば早く治るのかもしれない。
でも、根本にアレルギーがある以上、きっと「いたちごっこ」。

「ストレス」がアレルギーに大きく影響を与えるなら
私は私にできることをしたい。

私にできること・・・・それは「癒し」。
私の手に撫でられているときのHanaの表情を見ればわかる。
安心して、信頼して、そして委ねてくれている。
私の手の温もり・祈りが、Hanaに伝わって「ストレス」というものが癒されること、
それがひとつの治療法にならないだろうか。

サプリメントによる「体質改善」と「ストレスを癒す」こと。
これが今、私が思いつく治療法です。

27612744.jpg


at 11:58|Permalink

2006年10月11日

デトックス経過報告

アレルギーのHanaりんが「体質改善」をはじめたのは6月の末。
あれから3ヶ月と少しが経過して、「毒出し」の症状がチラホラ出てきた・・・ように思うので、これまでの経過をココに記してみました。


病院水溶性キトサン「キトケア」によるデトックス経過病院

いちご6月末・・・

朝夕のフードにキトケア4プッシュからスタート
 
いちご7月・・・・

少しづつプッシュ回数を増やして様子を見る状態。特別変化なし。
 
いちご8月・・・・

10プッシュにしたあたりでオチッコのニオイがきつくなった気がする。
体臭も少し増えたかな?
「解毒」が始まると一時的にそうなるらしいけれど・・・。
 
いちご9月初旬・・・

15プッシュにした辺りでうんちが少し緩くなった。
胸の毛が一部薄くなって地肌が透けて見える。
背中の一部がボコボコとした感じ。
悪臭のする汁様のものが出て像の皮膚のようになる。

c0b9f3ae.jpg

購入元の担当者に確認したところ、本格的な「解毒」が始まったのではないかということだった。
「解毒」が始まれば、一気に毒素を出し切ったほうがいいとのこと。
15プッシュから最終的には20プッシュをメドに少しづつ量を増やしていく予定。

いちご10月初旬・・・

18プッシュ。
尻尾の付け根に大きなハゲを発見。

953789ad.jpg

腹部にも毛のない部分が数箇所。よく見ると毛穴から黒い垢?のようなものが出ている。

15140bad.jpg


コレって毒素??

とりあえずハゲの部分に直接「キトケア」を噴霧。
内側からだけでなく外側からも体内に取り込むとより効果的らしい。
その他で気付いたことは、足をガジガジする回数がかなり減ったかな。
ガジガジしたとしても、すぐに止めてしまう。
痒みが少なからず軽減されてきているってことなのかしら?
唾液で染まった足先も茶色が薄くなった・・・ように思うんだけど微妙?

5f567915.jpg
6d8f1924.jpg


右前足と後ろ足

それから、毎日キトケアで体を拭くようになってから毛艶がいい。
これは確実OK
お湯で拭くよりも滑らかなかんじになる。

病院以上がこれまでの経緯病院


正直なことを言えば、コレが本当に「キトケア」によるものなのか?私自身まだ半信半疑。
常に「はてな」マーク。
期待と不安が入り乱れる毎日だけど、ここまできたら信じて前に進むしかないよね笑い




at 11:59|Permalink