その他

2006年04月30日

命の糧

なんだか・・・・すごいものを見てしまった・・・・。

お昼間、庭仕事をしていると、道向の丘で一羽のカラスが何かを突付いている。
なんだろう?としばらく見ていると、くちばしの先には蛇が・・・・困った
蛇はカラスの足に押さえつけられながらも、逃げようと必死にもがいては時々応戦。
どちらも生きるために必死で戦っている。
けれどカラスに比べて小さい蛇に勝ち目はなく、あっという間にカラスの胃袋に納まってしまった。
動物番組の衝撃映像でも見た気分。

命がひとつ消えて、もうひとつの命の糧になる。
自然は厳しい。

at 23:42|Permalink

2006年03月29日

美談

TVを見ていて無性に腹が立った。

動物が大好きという夫婦。
妻は「ライオンが飼いたい」という夢をもっている。
そして閉鎖されることになった動物園からライオンを譲り受け、彼らの為に広い敷地に柵を作り、大切に愛情深く飼育した。
そして彼女は満面の笑みでこう言うのだ。
「ライオンは保護動物。動物愛護としてお役に立ててうれしい」と。

番組はまるで「美談」のように取り上げていたけれど、腹が立ったのは私だけなんだろうか?
確かに誰も引き取り手がなければ、もしかしたらライオンは処分されていたかもしれない。
でも私が腹が立つのは、そういうことではない。
オスもメスも一緒にいたためにライオンはどんどん子供を産み、最終的には120頭。
子ライオンは親ライオンから引き離され人間に育てられたため、その姿はまるで大きな猫のように甘えん坊。野性味の微塵も無い。
それでも、その子たち全てを二人が最後まで面倒を見続けるならいい。
けれど、彼らは莫大な飼育費が捻出できず、なんとほとんどのライオンをオークションにかけて売ってしまうのだ。
バカじゃなかろうか。
私からすればこの夫婦は、ただの「変わり者」で、結局お金儲けをしただけだ。
引き取ったライオンに「避妊手術」もしないで、いたずらに頭数を増やしたあげく、もう面倒が見れませんと売り飛ばす。
この夫婦は「ライオンが好き」なのではない。
「ライオンを飼っている自分たちが好き」なのだ。

売り飛ばされたライオンたちはどうなったんだろう・・・。
人に慣れているとはいえ、もしも人に危害を加えるようなことがあれば、きっと処分されてしまうだろう。
人間のエゴゆえに、野生に帰ることもできないかわいそうなライオンたち。
どこまでも人間は自分勝手だ。
そしてこんな「恥ずかしい話」をあたかも「美談」のように放送するTV局の姿勢も、私には理解できない。

d04f0164.jpg

お昼寝中のHanaりん
ちゃんと頭を枕にのせて寝てるラブ
口元がなんだかスヌーピーみたいハート


at 19:28|Permalink

2006年02月23日

カメカメって・・・

昨日の夜、事件は起こった。
帰宅した主人が2階へ上がったまま降りてこない。
しばらくして降りてきた主人に「どうしたん?」と聞けば
「・・・カメムシふんだ・・・・」
「えっ?なに?」
「カメムシふんだ」
「へぇ~、そう・・・えぇーっっ!!かめむしぃーっ!!困った汗踏んだってどこでよぉーっ!!!」
主人の手にはカメムシ臭満載の靴下がつままれ、「これ、どうしょう?」
・・・ど・・どうしようって・・・ドクロ
とりあえず、他の洗濯物とは一緒にできないし、そういえば以前にチップ母が、カメムシのニオイはすぐに洗濯してもとれないから、そのまま数日間風にあててから洗濯したほうがいいって言ってたことを思い出した。
「数日ってどれくらいなんだろう・・・落ち込み

つい先日NHKのBSで「お母さんと一緒?」的な子供向けの番組を見た。
Hanaりんがこの手の番組が好き?でぼんやり見てたら、芋虫が主人公のヘンテコなお話がやっていた。
アニメではなくて、クレーアニメ?(粘土細工)だったので「手がこんでるなぁ」と思ってたら、そこにカメムシが登場した。
口笛の上手な芋虫くんは、ある日お金儲けの目的で人間にさらわれ、TVに出て人気者になる。口笛を吹く芋虫は一斉を風靡するも、すぐに飽きられお払い箱に・・・。そこへ芋虫ちゃんとカメムシどんが迎えにくるというお話。
芋虫が口笛を吹くという発想もすごいけど、なんでカメムシなんだろう・・・。
ちなみにこの「カメムシどん」。
なにかといえば「カァメカァメ・・・」とのんびり声。
まるでカナブンとか、カブトムシ的な扱いに「こんなキャラだと思ってカメムシを触ったらヒドイ目にあうのになぁ・・・いいのかなぁ・・・」と呟く私でしたカエル

at 18:36|Permalink

2006年02月07日

油揚番長

男前豆腐に続くこの一品

ad309b70.jpg
ab1a3033.jpg

その名も「油揚番長」
何が惹かれるって、「アブラアゲ バンチョー」と
わざわざカタカナで外人チックに書いてあるところかしら笑い
どうにも惹かれる「男前シリーズ」・・・・
さっきネットでHPをチェックしたら
そのブッ飛んだかんじが最高だったウインク
興味のある方は→ http://otokomae.jp/index-pc.html  
「オメェ ドコチュー?」タバコ


ちなみに油揚番長はオーブントースターでこんがりと焼き色がつくまでカリカリにして、大根おろしと和えました。軽く塩茹した大根葉をトッピングして柚子ポンで食べたらGOOOKです。
NHKのお料理番組でやってました料理



at 11:29|Permalink

2006年01月19日

雪の華

雪がチラつく寒い朝。
今日の雪は、
サラっとした水分の少ない雪のようで、
ふわふわと風に翻弄されている。
地面に落ちた雪をじっと見れば
小さい小さい華が咲いていた。

4bde40f7.jpg

雪の結晶
ひとつひとつ違うカタチ。


at 11:44|Permalink